Skip to content

デジタコの価格はさまざま

デジタルデータとしてドライバーの運行情報を記録できるデジタコは、各メーカーから数多く販売されています。

義務化の流れは今後もさらに加速していくことが予想できます。過酷な勤務の抑制や無理な運転の把握など利点はたくさん考えられますが、導入費用のことを考えると二の足を踏んでいる方もいるのではないでしょうか。車両の保有台数が多ければ多いほど、その負担は大きくなります。最近ではクラウド型のデジタコが多い傾向があります。そんな中でも本体価格が10万円以下のものもあれば、数十万円に及ぶものも存在します。

このような価格の差はどこから生まれるのでしょうか。一般的に高価になるほど、多機能であることが多いです。パンフレットや商品紹介のウェブページを見ると、便利そうで魅力的な機能を備えているのを目にすることでしょう。ここで注意したいのは、本当に必要な機能であるかを見極めることです。実際に導入すると意外と使用しない機能があるものです。

低価格のデジタコはシンプルであるがゆえに、無駄のない機能構成になっています。シンプルな機能であるとデジタコの使い方などを覚えるドライバーの負担が少なくなります。また、取り付けも簡単なものが多く、数本の配線をつなぐだけで良い商品もあるのです。本体価格だけに目がいきがちですが、運行管理システムとセットで考えなければならないことが一般的です。本体価格が安くてもトータル的には高くなることもあるので注意しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *