Skip to content

デジタコは価格によって性能も違います

運送業関係で働いているからの殆どはデジタコの事を知っているのですが、簡単に言うとデジタルタコグラフの略称で、トラックに取り付けるとエンジン回転数や走行速度に、走行時間だけでなく急ブレーキや急発進の回数まで把握出来る機器の事です。

一昔前は大型トラックにだけ装着が義務付けられていましたが、最近になって中型トラックへの装着も義務化されています。基本的な扱い方は運行前に専用のSDカードを機器に挿入してから走り、荷扱い作業時には荷下ろしや荷積みなどのボタンを押す事で、何をしているのか記録されますし休憩や待機時も同様にボタンを押して記録し、一日の仕事が終わったら終了操作をして終わると言う物です。

このデジタコの目的は運行を管理する管理者がドライバーの運転内容を把握する事と、危険な運転や法令違反をしたドライバーを見つけられると共に、労働基準法を守った休憩を取得しているか等を管理します。デジタコには様々な機能によって価格帯にも幅があるので、これからデジタコの装着を考えている新規の会社などでは、価格と性能をしっかりと比較検討して、コストパフォーマンスを考えれば経費も節約も可能です。例えば一番安い価格帯の物ですと毎回機器にSDカードを出し入れして、仕事終了時にはカードを事務所にある読み取り機に差す事で、運行内容がプリントアウトされ運転日報として必要事項を記入します。

これが高価格で高性能の物になると、カードの挿入などをしなくても、会社とトラックがクラウドとGPSで繋がっているので、リアルタイムでどのトラックが何処を走行しているのかを事務所で把握出来るのです。勿論地図とも連動しているので、例えばこのまま進むと事故で大渋滞になっているなどの情報をすぐにドライバーに知らせると共に、迂回路の指示も出来ます。他にも休憩中に寝坊しない様に、予定時間を過ぎても動きが無い場合はすぐに電話で確認出来るので便利です。
デジタコの価格のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *