Skip to content

デジタコ導入の効果と平均価格相場を紹介

タクシーやトラックなどに搭載するタコグラフというものがあります。

これはドライバーの運転に関する情報を記録する計器のことです。走行距離や走行速度などこのタコグラフのデータをもとに交通事故の原因などを、はっきりさせることができるようになっています。最近ではアナログタイプのみではなくて、デジタルタイプの運行記録計も誕生し大変便利になってきているのも見逃せません。特に最近の交通事故増加などを懸念した国土交通省によって、タコグラフの装着義務が中型トラックなどにも対象になり今後ますます普及していくと考えられています。

実際デジタルタイプであればより多くの情報も記録できますし、アナログの記録計から日誌などに書き写すなどといった手間を減らし、業務の効率化が図れます。また使い方なども簡単になっており、機械の苦手な人でも十分に活用できるなるといった点もメリットです。しかしやはり気になるのはデジタコの価格についてではないでしょうか。

平均価格相場としては15万円前後で、ドラレコなどと一体化しているデジタコであれば、高額になります。とは言え機能が少なくても良いのであればアナログタイプとほとんど変わらない、5万円程度の価格のデジタコも販売されていますので、そちらから始めてみてもいいかもしれません。また国から助成金などが支給されるような可能性もあるので、しっかりとそちらをチェックしておけばよりコストをかけずに導入することができるようになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *