Skip to content

デジタコの価格相場は一体どれくらいなのか

最近は交通事故の抑制を考えた国土交通省によってタコグラフの設置を義務付ける車両が、かなり多くなりました。

総重量8トン以上や5トン以上などの車に対しても装着しなければいけないと義務付けられているのです。運行記録計の中では最近アナログのものだけではなく、デジタルタイプのものもたくさん販売されています。そのデジタコであれば走行記録などが、すぐにデータとしてパソコン上に残るために日誌に打ち直す手間などがかからないといったメリットがたくさんあります。

またアナログタイプでは記録できなかった速度超過や、デジタコでアイドリング時間それから急加速や急ハンドルをした場合にも記録がされることがあり危険な運転をしているドライバーなどに適切に運転指導などが行えるようになります。またできるだけ燃費をかけないように走ることなどを指導したり、チェックしたりすることができるようになるため、ガソリン代などが減らすことができコストダウンなどが見込めるのです。

このようなデジタコの設置を考えている人にとって気になるのはそのコストについてですが、しっかりと多くの機能を生かして安全運転の徹底や労務管理の徹底を行いたいと考えているのであれば、15万円くらいの価格のものを選ぶのがおすすめです。とりあえず予算の価格を抑えて、設置だけできれば良い最低限の情報だけ記録できれば良いなどというふうに考えている方は、5万円前後の価格から販売されていますのでそちらをとりあえず設置するという形でも良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *