Skip to content

デジタコの価格は見積もり可能

事業用車両のすべてに義務化がすすめられているデジタコですが、アナログタコグラフから乗り換えを検討する運送業者は多いです。

実際導入する流れとして、まずデジタコの種類を選ぶことがから始まります。デジタコ実用化は約20年前になり、その後進化を繰り返してきました。さまざまな機能を活用することができる種類があるので、機能を重視したり、価格の安さなどを重要して選択することが可能です。SDカードタイプやクラウドタイプを選択することができたり、価格や機能によって導入希望機種を絞り込んでおくとよいでしょう。

ネットワーク連携を可能にした運用管理システムもリリースされていて、自社に合うサービスを選ぶことが可能です。次にメーカーに問い合わせしてみましょう。希望機種を絞り込んだらメーカーに連絡し、打ち合わせやだいたいの価格について見積もりを提出してもらうことが可能です。メーカーによってさまざまな機器をラインナップするので、打ち合わせしながら業務内容や希望機能、予算を聞き取って最適な機種を提案することができます。

見積もりの提出だけでも決定することができたり、相見積もりを比較すると良い機種を導入することが可能です。導入する機器が決まったら、取付施工になります。ドライバーと管理者は使用方法をよく理解しておき、実際にテスト運行が始まります。デジタコを導入した直後はドライバーも管理者も操作に慣れないことが多く、問題が生じるかもしれません。アフターフォローが整っている業者を選択しておくと便利で、事前にそのようなサービスがあるか確認しておくと安心です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *