Skip to content

幅があるデジタコの価格

デジタコは搭載車両の法定3要素を記録することができたり、さまざまな情報を把握することが可能です。

事故防止や健全な労働の実現にも貢献することができ、国都交通省から義務化がすすめられています。20年以上前から導入されていて、進化を続けている機械です。搭載された機能によって価格に差があり、平均値は18万円ぐらいでしょう。デジタコと連動するシステムの導入費用やインターネットを使用する場合、月額利用料が発生するケースもあり一概にいくらと言うのは難しいです。

例えばシンプルなタイプのデジタコの場合、5万円ぐらいの価格で購入することができます。SDカードを挿入しエンジンをかけると走行データを記録することができ、記録した後SDカードをパソコンを使って読み込むことが可能です。利用者はソフトで分析することがえき、急加速や急減速といった危険運転を確認することができたり、燃費の計算などさまざまな種類に対応することができます。

設定した速度や回転数などを超過した場合アラームを鳴らすことができ、必要最低限の機能を低価格で活用することが可能です。高機能システムが搭載しているものは20万円ぐらいのものがあり、SDカードタイプを使うと毎月のランニングコストが抑えることができます。デジタルカメラが搭載されているものもあり、車線逸脱検知や車間距離検知などが可能です。ディスプレイは見やすく音声認識機能が付いていて、作業登録や状態変更などが可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *