Skip to content

義務化が拡大したデジタコについて

交通事故の原因の究明や事故そのものの削減を目指して、営業車両であるトラックやバスやタクシーなどには、運転記録装置の設置が義務化されてきました。

その際の記録を行う装置のことをタコグラフと呼び、信号の処理や記録をデジタル化して膨大な情報を短時間で処理できるようにしたものが、デジタルタコグラフです。通常は省略してデジタコと呼ばれています。以前から搭載が義務化されていたのは大型車両のみでしたが、車両総重量が7から8トンで最大積載量が4から5トンの事業用の貨物車両も設置義務化の対象となっています。

増加の傾向をたどる悲惨な交通事故を減らすために、運用の機会が高い車両の多くを運転記録の対象とすると同時に、設置することで運転手にも安全運転を心がけるようにしてもらうようにする側面もあります。チャート紙にペンで走行速度や距離などを記録していた従来方式のものでは、得られる情報に限りがありますので、事故が発生した際の原因調査には十分でした。

これに対して、デジタコならばメモリーカードに走行した情報が蓄積され、その情報は運転速度や時間だけでなくGPSによる位置情報や発進の仕方やアイドリングストップの有無、開閉ドアの適切なタイミングなどにまで広がっています。運輸や配送に供する事業者はデジタコに記録された情報を基にして、雇用している自社の運転手ひとりひとりの運転の仕方について、詳細に把握ができます。交通や環境の各種法規の順守と、顧客のための日々の接遇研修など各種教育の実施に役立ちます。義務化が拡大したデジタコは、運転手だけでなく雇用する事業者に対しても、安全や環境の考え方の再考や顧客への配慮度の向上などができる貴重なツールとなり得ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *