Skip to content

義務化が決まったデジタコ導入の注意点について

デジタコとはタコグラフという運転記録計のデジタルタイプのものが搭載されている、という意味です。

タコグラフというのはドライバーがどれだけの距離をどれだけの速度で走ったか、などといった運転の記録を取るケーキのことでありましたが、かつてアナログタイプが一般的であったのに対して、最近はデジタルタイプのものも販売されるようになってきています。特に最近交通事故などの増加によって国土交通省により中型トラックなどにも搭載が義務化が決まったため、このデジタコが大変注目を浴びるようになっているのです。

実際アナログタイプよりもデジタルタイプの方が操作などが簡単で、誰でも使うことができると言ったことや記憶の際に日誌などに書き写すなどといったことも必要なく、手間があまりかからないなどといったメリットがあります。企業の運営にとってもはや不可欠なものとなっているこのようなデジタコですが、価格はいったいどれくらいなのでしょうか。

多機能の労務管理などをスムーズに行えるタイプのものであれば、15万円前後が相場となっています。しかしながら現在では、最低限の記録だけできれば良いというような人のために、アナタコとほとんど値段が変わらない5万円前後から販売されています。さらに義務化に伴って助成金なども多く用意されていますので、そちらのチェックもすれば、義務化を活用することでかなり安く導入することができるのではないでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *