Skip to content

クラウドを使ったデジタコのメリットとは

デジタコは、トラックや観光バスの運行などに利用される業務支援システムです。

自動車運転時の速度や走行時間・走行距離などの情報をメモリーカード等に保存する、デジタル形式の運行記録計のことをデジタコといいます。車両の運行会社には積載を義務付けられていることもあり、運行管理に使われるため車両や運転者の管理をするための機器を各車両に搭載しているのです。ドライバーは、デジタル機器を備えているから、データを提出するだけで日報の作成になり業務をスリム化することができます。クラウドを利用したデジタコはインターネットで常時繋がれていますから、いつでもどこからでもデータを運行管理者にクラウドを通して記録を送信できます。すなわち、リアルタイムで運行管理者は、各車両の状況と運行しているドライバーの状況を把握することができるのです。

最も近い車を配車することもでき、クラウドによって送信されて来るデータを確認することでドライバーの乗車時間を把握することができ、運行時間が超過しそうなドライバーには休みを指示したりドライバーの変更もすることができます。走行スピードや走行距離なども把握できるので、ドライバーが危険な運転をすることもできなくなるのです。保存機器を積載することもないので、インターネットの環境さえ整えれば24時間車両の管理ができるので事故などに備えて、安全運転を守ることにつながります。各車両を運行管理者はリアルタイムにクラウドで運行を把握できるのでコストダウンにもつながります。
クラウドやデジタコのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *