Skip to content

クラウド型デジタコなら運行状況をリアルタイム把握

タコグラフは、ちょっと前にアナログ型からデジタル型に進化しましたが、昨今ではさらにクラウド型デジタコに進化してきています。

クラウド型デジタコでは、収集した情報・データをネットワーク上に集積することが可能で、集計作業やデータ解析作業などが非常に簡単にできるようになりました。紙のチャートはもちろん不要ですし、SDカードなどすら不要になってきています。クラウド型デジタコなら、運行日報などの作成も簡単にできます。収集・解析されたデータを元に、自動的に日報を作成することが可能で、あとはプリントアウトしてやればいいだけです。

ドライバーは日報作成作業が不要になるので、労働力の短縮も可能になるでしょう。クラウド型デジタコの最大の強みは、情報をリアルタイムに把握できることかもしれません。車両の運行状況や位置情報を正確にリアルタイムで掴むことができるようになるので、的確な営業上の判断が行いやすくなり業務の効率性をアップさせ、売上増にもつなげることができるでしょう。長時間運転をしているドライバーなど、異常な運転をしているドライバーをすぐに発見して警告を出すようなことも不可能ではありません。最近ではドライブレコーダーと連携させることができるクラウド型デジタコなども登場しており、ドライバーの運転をより正確に把握できるように進化してきています。タコグラフは、運行記録ツールという範囲を超えて、いまや強力な運行マネジメントシステムになりつつあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *