Skip to content

クラウドを利用したデータの管理が楽なデジタコ

デジタコは、クラウド技術を利用したタコグラフのことです。

タコグラフは、元々ドライバーの走行状況を記録するために考えられたもので、アナログ式のものが一般的でした。具体的には、チャート紙を利用して記録をしていくことになりましたので、ドライバーの協力が不可欠であり、しかも後からそのデータを別の媒体に保存しなくてはならないという面倒さもあります。しかし、クラウドを利用したデジタコにはこういった面倒さが存在しません。クラウドが特殊なのは、一部のデバイスにデータを保存するわけではないという点です。例えば、アナログ式のタコグラフのデータをコンピュータに保存した場合には、そのコンピュータのHDDやSSDに情報が存在しますので、そのデバイスでしかデータを閲覧できません。

言い換えると、そのデバイスが壊れてしまうとデータも一緒に壊れてしまうリスクが存在します。一方で、クラウドは専用のクラウドサーバーを利用しますので、特定のデバイスが壊れたとしても全く問題ありません。仮に、会社で利用しているコンピュータが壊れてしまったとしても、データが保存されている場所は別にあるのでバックアップを取っていなくても問題ない状況です。デジタコにも、こういった技術が利用されています。リアルタイムに記録を行うことができる一方で、バックアップの役割も果たしてくれるため非常に便利です。従来までと比較しても管理が非常に楽なので、ドライバーを管理する会社にとっても有意義なものです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *