Skip to content

利便性に優れるクラウド型のデジタコ

これからデジタコの導入を考えているなら、クラウドタイプのものがおすすめです。

クラウド型のデジタコとは、取得したデータをネット上に保存することができるものです。これまではわざわざ装置のところまで出向いてデータを取り出す必要がありました。装置の数が多くなればなるほどこの作業も増えていきますから、数多くの車を抱える会社では大変だったはずです。しかしクラウド型のデジタコとあれば、こうした苦労とは無縁です。走行中にデータが自動でネット上に保存され、いつでもそれを確認することができるからです。

リアルタイムで保存されていきますから、データの確認が必要な時であればすぐに見られるのでとても便利なのではないでしょうか。どこからでも確認できるというメリットをクラウド型のデジタコにはあります。従来のタイプではデータを保管した端末がある事務所でしか確認することができませんでした。端末が起動していないともちろんチェックできませんし、他の事務所からデータを取り寄せるといったことも当然ながら無理でした。ところがこのタイプであれば、ネットにアクセスできる端末さえあればどこからでも見ることができます。本部から各種のデータを調べると言ったことも簡単に可能になり、業務の大幅な効率化に貢献してくれるシステムです。他にもメリットがあります。使用するソフトウェアは、わざわざこちらの端末に入れる必要がありません。更新も向こうで自動的に行われるので、無駄な作業を省いてデータ分析に注力することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *