Skip to content

クラウド技術を使ったデジタコの魅力

トラックなどを運転するときには、そのドライバーがどういった状況で運転を行っているのかという走行記録がとても重要です。

しかし、こういった走行記録を把握するためには実際にトラックに乗車しているドライバーの協力が不可欠です。タコグラフを設置したとしても、記録を提出してもらわないと意味がありませんので自動的にデータを収集することはできません。そこで重宝するのが、デジタコです。デジタコは、クラウド技術を利用することによって、誰でも簡単に運行記録をつけていくことができる大きな魅力が存在します。クラウドサーバーの利点は、遠方の地域にいたとしても、アクセスができるという点です。特定のサーバーを利用してアクセスをする場合には、デバイスが必要になりますのでそこでしかデータを閲覧することができません。

しかし、クラウドを利用すればそこにアクセスができる権限がある人は全員はそのデータを見られるようになります。クラウドが優れているのは、こういった情報管理が非常に楽になる点です。実際に、デジタコに導入されているサービスもリアルタイムでそのデータを送信できます。それまでのタコグラフは、ドライバーから記録を提出してもらわないと状況を把握することができませんでした。一方で、デジタコを利用すればリアルタイムで記録が送信されますので、ドライバーが現状でどういった環境下にあるのかが一目でわかります。そのため、デジタコは管理を含めてとても魅力的なサービスです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *