Skip to content

クラウド型のデジタコは即時性が強み

近年では、クラウド方式によるさまざまなアプリケーションサービスが提供されています。

ユーザーは通信ネットワークにつながることで自らプログラムを制御したり、データの置き場所を確保したりすることなく作業を行ったり、エンターテインメントを楽しんだりすることができます。クラウドの波は、車両管理の分野にも及んでいます。タコグラフを活用して営業車両の運行状況を管理したりドライバーに安全教育を施したりすることは以前から運送業界などで広く行われていましたが、現在ではデジタコと呼ばれる装置を使ってより効率的な管理体制を構築することが可能です。デジタコとはデジタルタコグラフの略語で、それまでのチャート紙にペンで記録していたアナログ形式のタコグラフを改良し、搭載された車両のスピードの変化やブレーキの使用状況、ドアの開閉頻度などをデジタルデータで記録できるようにしたものです。このデジタコを通信ネットワークと接続したのが、クラウド型の車両管理システムです。

このシステムの最大の特徴は、即時性・同時性にあります。デジタコによって記録された走行データは、ネットワークを通じて即座に遠隔地へ、たとえば運送業者の本社や営業所の管理セクションへと送ることができます。管理者はそのデータを確認して、ただちに運転マナーや事故防止に関する注意喚起を行うことができます。走行後に回収しなければデータを見ることができないアナログ形式とは異なり、リアルタイムで管理業務が行えるというメリットがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *