Skip to content

クラウド型デジタコはここが凄い

タコグラフには色々と種類がありますが、現在最先端のものはクラウド型デジタコでしょう。

クラウド型デジタコは、デジタル式であり、なおかつデータをオンライン上に保管して管理するというものです。クラウド型デジタコは、情報をオンライン上に蓄積・管理するので、インターネット環境さえ整っていれば、いつでもどこからでも情報をチェックすることができるという強みがあります。特別なソフトウェアが不要というのも便利でしょう。

リアルタイムで情報を把握できるという利点もあります。従来のタコグラフでは、紙やメモリーカードなどに運行情報を保存していました。その紙やメモリーカードを運送業務終了後にチェックして運行記録を残していましたが、これではリアルタイムに情報を把握するのは絶対に無理です。ところが、蓄積した情報を即座にオンライン上に送信できるクラウド型デジタコでは、リアルタイムチェックが可能です。スピードを出しすぎたり燃費効率の悪い運転をしているドライバーがいたら、即座に連絡して警告を発したりすることもできるでしょう。GPS機能で車の位置情報も明白なので、最適な運送ルートを指示したり、急な注文時に最短距離のところにいる車両に指示を出してクライアントのところに急行させたりという事も簡単にできるようになります。クラウド型デジタコは、業務日報の作成なども自動化できる機能を備えているため、労働者の負担を大幅に減らせるというメリットもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *