Skip to content

デジタルタコグラフとは

デジタルタコグラフとか、車両に装着するもので、その車の速度、距離、位置などの基本情報の他、エンジン回転数とかアクセル、ブレーキ、ドアの開閉といった操作など、その車からデジタル的に得られる様々なデータを収集して記録できるものを指します。最近ではドライブレコーダーの機能を兼ね備えているものもあり、走行中の前方や後方の映像についてもデジタル化して保存できるようになっているデジタルタコグラフもあります。今やクルマはアナログの機械装置ではなくデジタル化されたコンピューター装置ということもできるくらいに進化発展してきていますから、デジタルタコグラフとの相性も良くなってきています。どうしてこのような装置が必要かというと、最も大きな需要としてはトラック、タクシーなどの営業車です。

営業用の車両の場合、事業主はドライバーの勤務状況を把握管理する必要があります。これはある意味で監視だと捉える人もいるのですが、そういう意味も皆無とは言わないものの本質的にはそうではなく、ドライバー自身の健康管理のため、また安全運転をするという社会からの要請に応えるために事業主としては欠かせないものなのです。そのような管理のためには、まずどのような勤務状況、つまり運転状況であるのかを客観的に把握できなければ始まりません。運転状況を客観的に把握するため、その車両に関わる様々なデータを総合的に集めることができるのがデジタルタコグラフなのです。

デジタルタコグラフのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *