Skip to content

適切にデジタルタコグラフの導入をするには

最近は運送業界やタクシー業界なので、タコグラフの設置が注目を浴びるようになっています。街中を走っているタクシーなどを見ても、デジタコを搭載車といったステッカーが貼られているものが目に入ってくるのではないでしょうか。タコグラフというのは速度や走り方などが記録される運転記録計のことになりますが、最近ではデジタルタコグラフのものが登場したことによって、かなり注目を集めるようになってきています。アナログタイプの場合であれば、紙に記録されていくようになるためその読み取りに知識や経験それから感などが必要になってしまうのに対して、デジタルタコグラフであればすぐ直接パソコンで読み取りやすいようなデータとして記録されていくといった特徴があります。

またクラウドなどで連携することによって、リアルタイムでどういった運転をしているかと言ったことが早くできるようになるために運転指導などのも適切に行いやすいのです。デジタルタコグラフの導入の際に出費がかかってしまうということでお悩みの企業運営者などいますが、適切に機能を絞ることによって、安く仕上げることなども不可能ではありませんので、よくチェックしてみましょう。またアナログタイプでは記録しきれなかった急発進や急ブレーキなどといった細かな情報まで記録することができるようにもなっているデジタコもあるので、そうしたもので適切に運転指導などが行えるようになっていきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *