Skip to content

ドライバー職では優秀なデジタルタコグラフの導入

長距離トラックや、普通のトラックやバスなど走行距離数が多いようなドライバーを雇っている会社では、デジタルタコグラフの導入は非常に有益です。導入する機種により違いはありますが、通常機能でも車の位置関係や運転速度、運転距離や停車時間、エンジン回転数まで計測可能な機種もあり、これらは一見するとドライバーを監視しているように見えますが、実際には安全運転で走行する意識改革に役立ちます。安全運転を徹底することで、ドライバー本人も自身を守ることができ、違反切符を切られてしまうリスクも大幅に軽減できる有益さがあります。デジタルタコグラフはドライバーが仕事をしている時間に確認ができるものですが、昨今では長距離運転手の動労時間が社会問題化されるようになったことを背景にして、運転距離と稼働時間もデジタルタコグラフでは瞬時に計算することができるので、無理な仕事をさせている場合では、ドライバーにとっても証拠保全に役立ちます。

通常はGPS内蔵機をデジタルタコグラフに導入をしているものなので、会社から遠く離れた道路を走行していても、リアルタイムに情報をキャッチできる優れものです。パソコンで確認をする方法なので、各メーカーが用意しているソフトを使って記録を残す方法になり、万が一の走行トラブルが起きてしまっても、状況把握のスピードも速くなるメリットも含まれます。ドライバーにとっても会社側にとっても双方に利点を感じることができるシステムなので、労使間のトラブルの回避にも貢献できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *