Skip to content

デジタルタコグラフについて

デジタルタコグラフとはデジタル式の車両運行記録計です。従来はアナログ式でしたが、アナログ式に比べると操作性が良く利用や管理に専門知識が必要ないというメリットがあります。ドライバー自身が行うことはメモリーカードを抜き差しするくらいですし、データは自動的にデジタル形式でPCやサーバーに蓄積されていきます。アナログ式であれば記録用紙に記載されたチャートを読み解くにも専門知識というか少なくともある程度の慣れが必要でしたが、デジタルタコグラフであれば普通のPCアプリを使える程度のスキルがあれば十分に扱うことができます。

一方でデジタルタコグラフにもデメリットというか気になる点はあるでしょう。価格の高さはまず気になるところですが、これは今後デジタル式が主流になるに連れて価格もこなれたものになっていくことが期待されます。記録される情報量がアナログ式よりはるかに多くなることは、ドライバーにとっては何か常に会社から監視されているというか、束縛が強くなっているように感じられるかもしれません。ですが、これは決してそういう締め付けのためではなく、安全運転のため、そして基準を超える残業など会社がドライバーに無理な働かせ方をしていないかを客観的に示すためのものであり、ドライバーを締め付けるのではなくむしろ逆に会社を監視するためのものであるという意識を、今後は経営者も労働者も持つようにしていく必要があるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *