Skip to content

デジタルタコグラフで労務管理の改善を

デジタルタコグラフを活用すれば、アナログ式のタコグラフに比べて労務管理が効率よくできるようになります。アナログ式では、紙に運行記録が記入されますが、その記入方法はちょっと独特なので、解析にするには少し知識が必要になってきますし、運行日報などを作成するのも手書きになってしまうので手間がかかってしまいます。運送業務を終えたドライバーが、帰社後にそのような事務作業をするのはとても面倒ではないでしょうか。デジタルタコグラフなら、データはデジタルで記入されるので、わざわざ解析をする必要もありません。

機器から即座にデータを取り出し、運行日報などを作成することもできるので、事務作業を大幅に軽減することができます。これによりドライバーは業務時間を短縮することができるようになり、ゆっくり休息できるようになるため、安全運転が可能になるでしょう。運送業務においては、ドライバーの労働時間をなるべく短くして休息させることも大事です。万が一ドライバーが交通事故を起こしてしまうと、その責任はそのドライバーだけではなく雇用している会社の方にも及んできてしまいます。

労務管理がなっていないということで、会社のイメージが大幅にダウンしてしまうこともあり、それが原因で会社が倒産してしまう可能性も否定できません。きちんとした労務管理をすることは会社の責任です。労務管理改善のための一つの方法として、デジタルタコグラフの導入はおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *