Skip to content

労務管理の効率化に貢献するデジタルタコグラフ

デジタルタコグラフは、運送業における労務管理の改善の決定打として導入が進められています。きっかけとなったのは、2014年(平成26年)の国土交通省の省令「貨物自動車運送事業輸送安全規則」の改正でした。具体的には、以前から義務化されていた最大積載量5トン以上あるいは最大総重量Y8トン以上の事業用トラックに加えて、最大積載重量4トン以上のトラックにも義務付けされたことから、普及が加速しています。義務化の目的は運行記録の保存であり、貨物輸送における労働管理の改善を目指したものですが、燃費改善や労務改善という視点からもデジタルタコグラフの導入が進められるようになりました。

デジタルタコグラフの機能は、エンジンを掛けてからエンジンを止めるまでの走行距離・速度・時間を記録しており、これらは労働基準監督署に提示しなければならない資料でもあります。高機能モデルでは燃費の良いドライビングを支援する運転サポート、画一的ではない状況に応じた運行管理支援、中には保存したデータを分類し資料化する機能を持つものまで登場しています。また万が一のトラブルに供えたドライブレコーダー一体型、ふらつき運転や車線の逸脱すると警告表示や音で伝えてくれたり、運転手のドライビングを評価する運転評価機能付きのものもあります。あまりに機能が多彩なので選ぶのに困るかもしれません。

そんなときは基本的な機能のみを搭載したモデルをおすすめします。アナログタコグラフと変わらないコストなので、購入しやすくなっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *