Skip to content

運行管理ならデジタルタコグラフにおまかせ

運送業者を中心に高い支持を集めているのが、デジタルタコグラフです。運行記録を自動的に保存する機能を供えており、2014年(平成26年)に義務付けされ手から急速に普及しています。そのメリットとして効率の良い労務管理に貢献できるだけでなく、運転評価機能を備えたもの登場するなど高機能化が顕著です。一方で導入コストが高いという評価も聞かれます。

特にアナログタコグラフの約3倍と言われており、1台に1つ搭載することを考えると既存機種のままで良いと考える業者も多くなっています。このような声に答えて、メーカーの中にはアナログタコグラフ並みの価格設定をしたデジタルタコグラフを販売するところも出てきました。そのポイントは、機能の集中と選択にあります。高機能な製品だと多くのデータ収集を行う事ができますが、同時に導入コストの増大も避けられませんでした。

そこで中小の運送業者も導入しやすい法律が求める機能である時間・距離・速度の3つをベースに、他の余計な機能を削ぎ落とすことで、低コスト化舌製品が売れ筋になっています。と入っても機能性は十分です。例えば、管理や解析ソフトなどが付属していたり、設置に欠かせないハーネスがセットになっているため、取り付け後はエンジンをスタートするだけで自動的にONになり、エンジンを停止すると記録を自動的に保存してくれます。SDカード接続できるタイプが主流であるため、運行記録の自動出力も可能、デジタルタコグラフに求められる労務管理や燃費改善を期待できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *