Skip to content

ドライブレコーダーの役割

ドライブレコーダーとは車載型の映像記録装置です。フロントガラスに取り付け、または最近では車体の後ろに着けるような型もありますが、車の前後や車内の映像を録画・保存します。これにより、交通事故やトラブルが発生した時の状況把握が正確になるのです。ドライブレコーダーの機能としては、まずはGPS機能があります。

これはどのルートを何時何分にどのくらいのスピードで通ったかなどを計測します。これにより上記にもあるように事故やトラブル発生当時の状況が分かりやすくなります。また運転していない時やエンジンを切っているときに、車の当て逃げやいたずら・盗難などを防ぐための駐車監視モードという機能もあります。さらには音声案内でガイダンスやスピードの出しすぎなどを警告してくれるような性能も持ち合わせているので、運転教材として事故防止に大きく貢献するでしょう。

最近ではよくドライブレコーダーの搭載をおすすめされますが、運転時に起こるトラブルを解決してくれるのはやはりドライブレコーダーです。昨今のニュースではいわゆるあおり運転が話題になり、ついには逮捕者やそれで実際に人が亡くなっている事例がでてきて、あおり運転に対する厳罰化がなされました。しかし法的に定められても粗暴な運転をする人は必ずいます。それでいざ自分がトラブルに巻き込まれたとき、しっかりとした証拠を提示して相手から理不尽な主張や要求をされないように努めなければなりません。

自分や大切な人を守るために、また自分の運転を律するという意味でもこのドライブレコーダーは今後の必須アイテムとなるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *