Skip to content

ドライブレコーダーは事故の証拠になる

車を運転していれば自分に過失がなくても時として事故に遭遇してしまうこともあります。自分は悪くないのに第三者の証言がないために、負わなければならない責任の割合が多くなってしまうというケースもけっして珍しいことではありません。これは絶対に回避したいものです。ここで必要になるのが証拠というものです。

これがあれば事故の全貌を証明することができます。しかし、目撃者がいないときにはこの証拠も成立させることができません。そこで最近とくに注目されてきているのがドライブレコーダーです。車のフロントガラスやダッシュボードなどにドライブレコーダーを設置することで、走行中の映像を撮影することができます。

その最大のメリットはカメラで撮影することで車の周辺で何かトラブルが発生したときなど、その状況を鮮明に自動録画できることです。もしも事故に巻き込まれてしまったときなど、ドライブレコーダーで録画したものはそのまま証拠として活用することができます。自分の記憶だけではどうしても事故の全貌を証明することは難しいです。ここでドライブレコーダーの重要性が明らかとなるでしょう。

あたりまえのことですが事故というものに遭遇しないことが一番です。でも、これだけ車両が多く走行している中では避けることができない事故もあります。そんな予期せぬ事故で自分の負担を可能な限り少なくするためにも、マイカーにドライブレコーダーを取り付けることがおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *