Skip to content

海外でも活躍!ユピテル社のドライブレコーダー

ドライブレコーダーを車内に設置すると車内がゴチャゴチャとした印象になりがちですが、社内をスッキリとするために新開発されたドライブレコーダーがミラー型のドライブレコーダーです。ミラー型のドライブレコーダーは現在付いている純正のルームミラーに取り付けるミラーですが、ミラーの後ろにカメラが付いており、ミラーの右端に映像が常に映りだしている仕組みなっています。現在ではミラー型が沢山出回っていますが、一番最初に開発に成功した企業がユピテル社です。ユピテル社は自動車用品に精通している企業として安全性には十分に気を使っており、性能は日本一でしょう。

ミラー型のドライブレコーダーにもGPSが内臓されているので、どんなルートを進行してきたか一目で認識することが可能であり、交通事故を起こした本人に意識がなくても交通事故の状況と進行してきたルートを第三者が厳密に認識することが出来るため、警察の捜査にも非常に役に立ちます。交通事故の場合には片方の自動車の運転手に意識がない場合には、相手の意見のみが通ってしまうために、このようなトラブルを未然に防ぐためにもカメラの存在は非常に大きいと言えるでしょう。現在では日本国内のみではなく、海外でも普及が進んでいますが、海外製品と日本国内の製品では精度に大きな差があり、日本国内の製品の方が良い精度であるため、海外ユーザーも愛用しているのが、ユピテル社の製品となっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *