Skip to content

ドライブレコーダーがあることで身を守れる

事故にいつ巻き込まれるか予想できない昨今、必ずしも事故現場に目撃者がいるとは限りません。立場的に被害者で合っても、相手の人間性や対応次第では、不利な立場に追い込まれてしまうことも少ないでしょう。自分が安全運転を心がけていても交通事故に必ず巻き込まれないという保証はありません。そんな時に役に立つのがドライブレコーダーです。

車内の前方に取り付けておくことで映像や音声を記録し、危機的立場のあなたを守る証拠になります。ドライブレコーダーを設置することで得られるメリットをここから詳しく説明します。危険運転をする運転者に煽られてトラブルになった場合、身の危険を感じるようなことが起きるかもしれません。そうなったときに、ドライブレコーダーが車内に設置してあれば、相手に無言の圧力を与えることができ、危機回避できる可能性が高まります。

煽り運転などの危険運転を行った者には、30日から180日の免許停止といった重い処分が待っています。つまりそのことを知っている運転者であれば、証拠が残る場で思い切った行動はできないので、より設置してあることの重要性が分かると思います。あおり運転や幅寄せといった悪質極まりない行為を行う運転者が年々増え、被害になる方も同時に増えているわけですので、自分の身を守るために設置してください。中にはプライバシーに敏感で、ドライブレコーダーで映像や音声を記録されていることに嫌悪感を感じる方がいるようですが、その場合は電源を入れずに設置するだけでも構いません。

それだけでも抑止力になるので。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *