Skip to content

デジタコの種類と特徴

搭載している機能が機種によって様々なデジタコは、選び方で価格が大きく異なるのが特徴です。導入する際に重要なことは、管理方法を明確にして自分たちに合ったものを選ぶことです。複数の車両を所有している運送会社では、金銭的に大きな負担となるので、管理する上で不要な機能が搭載されているものなどは避け、十分確認してから選ぶことが大きなポイントとなります。デジタコには、大きく分けて3種類の、標準型と単機能型そして多機能型があり、それぞれの型で搭載された機能が違うので、業務の効率化が狙えるものや利益の向上に繋がるものを選びましょう。

標準型デジタコは、法廷3原則である速度・時間・距離の取得が可能で、ドライブレコーダーとの連携や帳票出力などの機能が備えられています。事故が発生した時にその瞬間を記録することができるため、事故原因の究明が可能、事故を防ぐための意識向上にも繋がります。単機能型デジタコでは、法廷3原則取得のほか、簡単な運行管理ができるシンプルな機種で、他の型と比べてかかるコストが低いことが特徴です。機能がシンプルなので操作も簡単で、初めて使うドライバーやデジタル機器に弱い人でも簡単に操作が行えます。

ハイグレードモデルの多機能型は、標準の機能に加えて、ドライバーや運行管理担当者の負担を軽くする機能がいくつか備えられていて、業務の効率化の大幅な向上が可能です。帳簿作成機能やアルコールチェッカー、燃費の管理など多くの機能が搭載されています。様々なオプションがありカスタマイズして、自社好みのデジタコにできることが魅力です。デジタコのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *