Skip to content

デジタコを導入するまでの流れと注意点

デジタコを導入する際は、まず種類を選ぶところから始まりますが、「価格の安さが重要」・「あまり機能が多くないモデルが良い」など、企業によって求めるものは変わってくるので、インターネットなどを通じてデジタコの情報を探り、機能や予算によってある程度導入希望機種の情報を絞り込んでおくことが大切になります。希望機種が絞り込めたらメーカーに問い合わせることになりますが、メーカーによっては電話だけではなく公式サイト上の問い合わせフォームが設けられている場合もあるので、少しでも疑問点があった場合は時間をかけてじっくり質問していくこともおすすめです。メーカーからの返信があると次は訪問打ち合わせの日程を調整することになりますが、メーカーによっては複数の機器を用意しているところもあります。打ち合わせでは希望機種や業務内容、予算を聞き取った上でその企業に合う最適な機種を提案してくれますが、打ち合わせは行わず見積もりだけの提出を求めることも可能なので安心です。

導入する機種が決まったらデジタコの取付施工が始まりますが、その際にドライバーと管理者の双方に使用方法について十分に説明してもらうことも大切になります。デジタコを導入した直後は、ドライバーも管理者も操作になれていないことから問題が生じる可能性も高くなってくるため、しっかりとしたアフターフォローの体制が整っているメーカーかどうかをあらかじめ確認しておくことも導入する上で大事な要素になってきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *