Skip to content

ドライバーの安全と業務上の円滑化にはデジタコが便利

トラックの運転手や観光バスの運転手を主にして、現在ではデジタコを用いることが必要とされるようになりました。車体に専用機を搭載しておき、各社の事務所で走行に関わる殆どの情報をキャッチできる優れた機能性があります。一見するとドライバーを監視しているように見えますが、実際には過重労働を無くすことや、走行距離数を随時把握することで休憩時間の確保など、ドライバーの仕事環境を良くするためにも役立ちます。事務所内の機器においては、1人のドライバーが週に何時間労働しているのか、走行距離がどれだけ走破しているのかの判断の他に、スピード超過など危険を伴う運転をしているドライバーに対しては注意喚起するできるので、GPS機能はドライバー主体として安全確保にも貢献できます。

一方でデジタコは、法令違反にならないようにシフトを会社側が決めることにも役に立ち、走行中の位置もリアルタイムで確認することができるので、立ち寄って欲しい倉庫などスポットがあれば、近隣を走行するドライバーに指示を行えることも可能です。結果的にデジタコはドライバーと会社、仕事の効率など全ての項目において最適化することができるので、会社自体が発展することにも貢献でき、その結果としてドライバーの給料に反映させることもできる優れた機器として使えます。労使間のトラブル回避にも役立つ一面もあり、会社にとっては大切な従業員を長く雇用することにも向いています。導入は専門会社がネット上に公式サイトを開設しているので、デジタコの導入は各会社の機種と機能性を比較検討して選ぶことが最善策です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *