Skip to content

デジタコを導入するメリット

1998年に実用化されたデジタコですが、それ以前にもアナタコが存在しており、搭載車両の運行距離・速度・時間を記録することが可能でした。しかし、アナタコの場合だと計測データは円グラフでの表示となり、その解析には専門知識が必要になってしまい、その分だけ手間や負担もかかってしまいます。デジタコはアナタコとは異なり記録データの解析にも専門知識は必要なく、あらかじめ解析ソフトを導入したりシステムを構築しておけば誰が見ても分かる文字や数値、線グラフなどで記録内容が表示されるため、データ確認や集計への労力も大幅に短縮できるといったメリットが生まれてきます。デジタコには業務内容の質が向上するといったメリットもあり、一部の仕事が雑なドライバーにとっては厄介な存在となっていて、その理由は乱暴運転が招く迷惑なアイドリングや急ブレーキ、過剰な連続勤務などが全て記録に残ってしまうからです。

結果的に業績は優秀でも、その過程において自分勝手な勤務態度を常態化させているドライバーの存在は業務する上で大きな懸念材料となってくるので、デジタコを導入してドライバーのモラル改善を促すことによって業務内容の質の向上にも繋がっていきます。デジタコが記録するのは運行距離・速度・時間の3要素だけではなく、アイドリングの有無や燃費計算、急加速や急減速、さらにはGPS情報なども記録することができるため、勤怠状況の正確な把握から経費削減にまで幅広く貢献することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *