Skip to content

デジタコのクラウド化

デジタコとはデジタルタコグラフの略で、運転時の走行時間や速度、走行距離などの運行情報をメモリーカードなどに記録するデジタル式の運行記録計のことです。近年、運送業界における需要は急激に増加しているものの、ドライバーは不足していることで需要と供給のバランスが崩れているなどの問題に直面しています。一方で、配送中の痛ましい事故などがニュースで取り上げられることも少なくなく、配送現場においては安全運転を徹底し、業務管理の適正化を図ることが課題です。業務改善し効率化を行うための一つの方法として、デジタコが活用されています。

近年、クラウドと呼ばれるデータをオンライン上に保管して、ウェブ上でいつでもどこでも情報を利用できるという方法があり、デジタコの機種の1つにこの機能を持ったものが登場しています。クラウド化することで、車両走行中に記録した位置情報や稼働状況といった情報が、インターネット上に蓄積され、ウェブ上で確認することが可能です。情報は誰でも見られるわけではなく、IDやパスワードを設定することで、外部に情報が流出することを防ぐことができます。インターネットの環境が整っていれば、ソフトをダウンロードする必要もなく、すぐに導入することができるのも魅力です。

今屋業務を改善することは、企業にとっては必要なことであり、特に運送業における効率化や安全性の確保は重要となっています。より便利な機能を持ったデジタコを利用することはこれらのことにつながります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *