Skip to content

デジタコで安全な運行管理が出来ます

デジタコと聞いても何の事なのか分からない方は多いですが、主にトラックに取り付けられている運行状況を記録する装置の事です。昔はチャート紙をタコグラフの記録装置に差し込んでから運転を始めると、走行速度やエンジンの回転数などが記録されて業務終了後に行き先などを記入する事で、運行状況が分かる様になっていましたが、チャート紙ではなくSDカード等を挿入してデジタルで記録するデジタコが主流になっています。チャート紙でアナログ的に記録していた時よりもデジタコにする事でメリットは多くあり、例えばチャート紙の場合ですと走行距離を自分で記入し、挿入する時刻を記録装置に合わせてセットする必要がありますが、デジタコは自分自身で総距離を記入する必要も無いです。また、行先も種類によってですがいつも行く客先は登録しておく事で自動的に記録を行います。

作業する時は荷下ろしや荷積みのボタンを押す事で正確に記録されますし、休憩や待機時間もボタンを押せば正確な時間を把握出来るので大変便利です。高性能の物になるとリアルタイムで会社の事務所と繋がっているので、ドライバーの運行状況や渋滞情報もリアルタイムで把握出来ます。例えば走行先で渋滞が発生している事をドライバーに連絡し、迂回路の指示をリアルタイムで行う事で延着を防いだり、遅れる事を客先に報告出来るだけでなくドライバーが寝坊していても会社から電話で起こす事も可能です。何よりも運転状況が細かく正確に把握出来るので安全運転に対してのアドバイスも適切に出来ますし、労務管理も以前のアナログタコグラフよりも簡単なので、ドライバーと会社の双方にメリットが多くあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *