Skip to content

デジタコとアナタコとの違い

トラックなどに設置するタコグラフにはデジタコとアナタコがあり、前からあったアナログ式は速度計の裏へ円型のチャート紙をセットし、速度・距離・エンジンの回転数に連動した針がレコードのように記録します。今でも使われていますが、今ではデジタル式へと移行しつつあります。デジタル式は記録するデータをメモリーカードなどへ記録し、アナログだと記録出来なかった情報も記録することが可能です。業務が終わってからデータを運行記録としてチャート紙にプリントアウト出来て、それを日報にも出来ます。

アナタコのチャート紙の情報の解析は経験がないと難しいものですが、デジタコだと情報解析も簡単に行えます。アナログ式は日報は仕事が終わってから手描きで別に作成してましたが、デジタルならデータを使って自動的に作成可能で業務が効率化出来てメリットも多いです。記録するにはメモリーカードなどが使われてますがそれを読み取ることで、ドライバーが法廷速度を守っていることやどの程度の休憩時間を取ったか、長時間運転をしてないかなどもすぐにわかります。記録出来る情報には、GPSの位置情報・急加速・急減速、エンジンの回転数やアイドリング、ドアの開閉などがあります。

ドライバーが監視されているように感じてストレスを感じることもありますが、逆に全て正確に記録されるのでドライバーの意識も高まって安全運転するようになるメリットも得られます。デジタル化が進めが労働環境把握・安全運転指導に役立つなど得られるものは多く、将来的には国土交通省はさらに進化したスマートタコグラフを普及させることを目標に掲げてます。デジタコでもクラウドを利用し蓄積されたデータからドライバーの運転特性を把握し、事故を起こしそうな場面でリアルタイムでアラームを出したり、緊急では自動ブレーキの作動など将来的には出来るようになるかもしれません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *